コーヒー館

「コーヒー」飲みのきっかけは30年前。コーヒー好き同僚の喫茶店はしごに付き合ったこと。

インスタントコーヒー・コーヒーメーカーなどの普及で手軽に淹れられるなったことなどで飲むようになった。

近年では焙煎をはじめいろいろ方法で淹れていますが難しい!!

ギャラリー玄関(福岡市)ギラリー朝霧(大分県九重町)で下記の用具で入れています。

深くやわらかな香り、カップに注ぐ幸福なひととき楽しみませんか。

美味しいコーヒー淹れ体験

1. コーヒーが新しいこと。煎りたて・挽き立て

2. 水にカルキが入っていないこと。

3. 煎り方、挽き方、淹れる器具、コーヒー量・水量、湯温、淹れるスピードなどを知ること。

珍しい情報がありましたら教えてさい。クリック→

 

紙フィルター入れを自作しました

木製(ケヤキ、ホウの木)

 

器具名

ギャラリー玄関用

ギャラリー朝霧用

特    徴 

焙煎具

容量60g

容量100g

熱源はガスこんろ

均一に煎れるよう振りながら15〜20分加熱

ミル

電動ミル

手回しミル

細挽き〜粗挽き可能。

手回しミルはエスフレッソ用も可能

ペーパーフィルタ入

ステンドグラス製フイルター立て

微粉セパレーター

微粉を取り除くためか苦味が和らぎ、口当たりが柔らかくなりました。金属メジャースプーンは静電気によるコーヒーの付着が無くなりました。

スイス エルフォ製

金属フィルター

ゴールド 1人用と数人用

ステンレス 1人用2個

一人用と2〜4人用

コーヒーの脂分、アロマが出、ペーパーフィルターと違った

味のコーヒーを楽しめます。

メジャースプーン

竹マドラー

コーヒーの計量、攪拌

細口ポット 

1リットル

湯を細く注ぐ 

タイマー

隔測温度計

隔測温度計、タイマー

タイマー

蒸らし時間、抽出時間設定 

隔測温度計は湯に触れずに湯温を測る

電気コーヒーメーカー

臼ミル付全自動5カップ

6カップ

中〜深煎り、中〜やや粗挽き。10g/人

マニアルに従ってコーヒーを入れる。その後好みにより

コーヒー量を増減する。誰でも安定して淹れられる

電気コーヒーメーカー

1〜2カップ

1〜2カップ

中〜深煎り、中〜やや粗挽き。10g/人

マニアルに従ってコーヒーを入れる。その後好みによりコーヒー量増減する。

誰でも安定して淹れられる。本器は大型より湯温が高い

ペーパードリッパー

サーバー

電気保温付き

中煎り〜深煎り、中挽き。10g/人

コーヒーの状態を見ながら湯を注ぐことができる

抽出技術修得向き、コーヒーの香りが漂う

サイホン式コーヒーメーカー

2カップ用

3カップ用

中深煎り、中挽き・1人10g、2人16g、3人23g

コーヒーの香りが漂う。コーヒー入れ雰囲気が出る

真空ろ過式でコーコーの動きが見え楽しい

プレス式コーヒーポット

 

 

1〜4カップ

中煎り、粗挽き。7g/人

コーヒーの粉と熱湯(90℃)が触れる時間が長いの

でコーヒーに含まれる油脂分や風味を引き出せる

水出しコーヒーポット

8カップ

8カップ

深煎り・中挽き、8g/人。

コーヒーの独特の甘さが出る。冷蔵庫入れ抽出時間8時間

アイスコーヒー、温めホットコーヒーで飲める

エスプレッソ 

メーカー

カプチーノ も可

 

ネスプレッソ、グラン・クリュー1個で30秒抽出

スミルクフォームミルクが手軽に作れる

インスタントコーヒー

一杯ドリップコーヒー

   カップにセットし湯を注ぐだけ。簡単で美味しいコーヒー
 

手動クリーマー

 

70℃の牛乳を規定量入れプランジャーを素早く上下

に動かすとフォームクリームが出来る。30秒後コーヒーへ 

 

煎り方、挽き方,淹れ方による味の変化を試してみました

                                               

トップペーシ゚へ